スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


2年前の大連旅行、ホントは姉の中国での暮らしが心配で行ったのに
むしろ私のほうが、色々お世話になって、色々なもの教わって
そして、私に今のを与えてくれた旅行になりました

それが、こちら…


この3段ケーキ、最後の仕上げまで5分かからない速さでつくるお兄さん
笑顔がとっても素敵でしょ(笑)
ちなみにナッペしてるのは、生クリームではありません(いまだに解明できず…)
このクリームの色を変えたりしながら、デコレーションされていく…
ホント早業



あんまり感激したから、写真くれました。
これは何分くらいでできるんだろう…7、8分?


       

ショウケースのなかのケーキ(果物のらない)

全然ちがう方法で、作られるケーキ

こんだけ飛行機飛んでる現代で、
大連に生クリームが売ってない事実
クリームだけで、デコレーションする技術
一番驚いたのは、速さ、ほんと目を見張った

こんなに日本とちがうんだ、こんなになにもかも変わるんだ
おもしろい、世界中のケーキの作り方がみたい、味が知りたい

その時は、やっぱりフランスからかな
だってお菓子といえば、フランスでしょ
フランスかー、遠いわー

まだまだフランスにいこうとは思わなかったこの時
まさか1週間後に、本格的に渡仏の考えを固めるなんて、思いもしなかった

でも…この時はじめてフランスという国が、私の頭によぎりました


(其の2につづく)。(@@)/


スポンサーサイト

  • 02:05
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


comment

へぇーー、中国で見たケーキが原点だったんだ? ここから逆にフランスへと発想が飛ぶとは面白いですね。
確かに、中国人のナッペやデコレーションの技術はもの凄い!
私も上海で見たケーキに色んな意味でビックリした。中国では見た目の派手派手しさに命かけてるっぽい。有り得ない色彩感覚(笑)
味はどうでもいいの・・・?? 

  • いず
  • 2006/10/22 11:42 PM

どうでもよくないです(^^)

でも味はいまいちな中国のケーキに圧倒されたのは事実なので(@@)
そうゆうふうに書きました☆

日本語はむずかしい、、、

中国いったんですね!!奇遇です♪

コメント初はいずさんでした☆
うれしかったです。

  • misa
  • 2006/10/30 12:28 AM









| /PAGES |