スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


私の姉は3年前から中国・大連に留学しています
姉の生活を心配だから見に行こうと母に誘われて
2年前中国・大連へ6日間

 







 







                            



 このお兄さんは、籠で人を運んで稼いでる
 囲まれてほとんど無理やり、籠に乗せられた(泣)
 なぜなら日本人はお金をたくさん払うから…
 しかも、一人籠で運ばれてる道中で
 
 「わたし、がんばってるね、おもいよ、つらいね」と言ってくる

 どうやら、片言の日本語でチップを請求してるようだ
 (ちなみに母は「おじょうさん」と呼ばれてチップを請求されたそう(笑))
 

 もちろん私達は知らないふりを通しました
 だってお金もってなかったし・・
 でも怖かった
 隙を見せると、すかさずチップを求められる

 たった6日間の短い旅行でしたが、充分カルーチャーショックを受けてきました


 街を歩くたびに目にする、物乞いをする人
 もう歩くのに精一杯なのに、果物を一輪車に乗せて売ってる人
 歩いてるだけで、日本人とばれるのか、獲物を狙うような目でみられる
 日本人が買うときの値段は、値札の10倍が当たり前だし、
 やっぱり戦争のこともあって、反日の人だっている

 日本にいる時は、生きてるのが当たり前だったけど・・
 大連に滞在してた時は、いつなにがおこるかわからない、ものものしい雰囲気で生活した
 15万円あれば、人殺してもらえる国だと聞いた時、不思議と真実だと思えた
 日本にいたら、そんな実感はわかないと思う


 明日が当たり前に来る日本、明日の心配をしながら生きてかなくて良い日本
 そういう国で生活してきたんだって他国にきて初めてわかった
 日本にある当たり前が、この国にはない
 でも逆に、そう思ってるだけで、案外日本だってわからない
 明日が来るかは、誰にもわからないわけで…
 だったら怖がって縮こまってる場合じゃない


 やりたい事やらなきゃ!


 それが、今の私の原動力になってます


 <今日の一言>
 海外行くと、ほんとに考え方変わります
 もちろん言葉では伝えきれません…
 「百聞一見にしかず」



    


スポンサーサイト

  • 17:24
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


comment









| /PAGES |